アラブ人の人間性・後編

2004.09.25 Saturday

0
    アサド大統領「オレについて来い」という、シリアのアラブ人男性。「大丈夫かな?」と思ったのですが、不思議と親しみの持てる人でした。英語もあまりできない様子ですが、道すがら、「腹へってないか?」「寒くないか? コート着なよ」と気を使ってくれているようでした。片言でも一生懸命伝えようとしてくれていることを、嬉しく感じました。「オレはスポーツマンだ。ボディビルやってるんだ。あ、いや、でも一生懸命ってわけでもないんだ。ただ、見てるだけみたいなもんさ」英語がうまくないからかな? でも、とても謙虚で素直な人というオーラが、ことばの節々から感じられました。そうこうしているうちに、ホテル到着。「待ってろよ。俺が、安く泊まれるように交渉してやる。」そういって、彼はフロントの人と交渉してくれました。「困ったことがあったら、ここに電話してくれ」彼は、私に名前と電話番号を書いた紙をくれて、「じゃあな」と行ってしまいました。Foji-AlJafariさんを、私は忘れません。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL