見えない瞳に映るパパとママ 21歳全盲のネコ『チョキ』

2009.12.29 Tuesday

0
    21歳全盲の猫チョキ
    ここにもたびたび紹介していますが、我が家のネコはチョキと言い21歳で緑内障のため目が見えません。
    丁度このチョキが全盲になるときに兄弟のように飼っていた2匹のネコ(グー、アイコ)が病気で次々亡くなってしまい、さらに悪い事に不況のあおりを受けて会社が危うくなって、経費節減のために自宅を事務所兼用にする事にしました。

    21歳で全盲のネコは足腰もおぼつかず、朝から晩まで近くに誰かいないと不安です。

    運命のように我々夫婦がこの夏から家にいる事は、チョキにとってとても良い環境だとみえ今では食欲も旺盛で体重も増えて元気そのものです。

    我々夫婦は出来るだけ長生きをしてくれるように、今のペースを崩さず生活をともにしてゆこうと思います。

    目が見えないという事を人の立場で考えると、耐えられない苦しみになるかもしれませんが、ネコは他の動物などとも同じだと思いますが、運命を正面から受け止めて順応してゆきます。

    チョキにとって我々夫婦は超えはすれども姿は見えす、記憶だけの存在になっているのでしょうね。
    ここで幸いなのは記憶というものは時間が経つにつれそれを美しいものにするのだそうです。
    チョキが全盲になってもう半年以上経ちますので我々夫婦は今頃絶世の美女と美男ということになっているはずです。

    この写真はYahoo Japan ペットの「ハプニングの瞬間」コンテストに出展しています。
    よろしければ人気投票の応援をお願いします。
    http://contest.pets.yahoo.co.jp/hiroba/photocontest/contest/39/

    JUGEMテーマ:ペット
     
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL